Click here for menu

修繕の新しい利用法

四枚の図面と家

賃貸物件を探すにあたって不動産仲介業者に相談する際、家賃や室内設備の環境など、様々な条件を提示したうえで物件を紹介してもらうことになりますが、この提示する条件の中でも特にオススメの条件となっているのが、リノベーション済みの賃貸物件という条件です。リノベーション済みの賃貸物件とは、大規模な改修工事を施した賃貸物件という意味であり、築年数自体は数十年といった年数が経っているものの、その室内環境に目を向けると最新の設備が導入されており、綺麗な状態になっているといった物件が非常に多くなっているのです。それでいながら、あくまで物件自体は古いこともあって、家賃自体は控えめな価格帯に設定されているケースが多い点も、嬉しいポイントとなっています。

リノベーション済みの物件の家賃相場としては、同様の室内設備を有しているちん築物件よりは安価に済み、同様の築年数が経っているリノベーションを施していない物件よりは高額になっているのが一般的です。しかし、その住環境の充実ぶりと家賃の設定といった観点から見ると、最もコストパフォーマンスに優れた選択ということができるでしょう。近年は全国に820万戸を越える空き家が存在していることが判明し、それが社会問題として浮上していることなどからも分るように、築年数が経った物件は見向きもされなくなってきたことから、このリノベーションが積極的に施されいる傾向があります。ますます数を増やし、探しやすくなっているため、賃貸物件探しにあたっては積極的に探してみるといいでしょう。