Click here for menu

分譲賃貸のメリット

窓が多い家

マンションを借りて生活する上では、その生活環境を重視する場合と価格を重視する場合とがあります。長く住むことを考える場合には価格よりも耐久性や環境の良さを重視して選ぶ必要が生じます。しかし、歴史的に見ると賃貸マンションは狭い面積にできるだけ多くの居住者を入れようとして建設されてきた敬意があり、壁や床が薄かったり、各所の耐久性がそれほど高くない傾向があります。そういった観点から優秀なのはそもそも長く住むことを前提にして立てられた分譲マンションの一室を借りる分譲賃貸です。 そのタイプには予め賃貸用に準備されていた部屋であるものと、マンションを購入した人が不要になって賃貸しているものとがあります。同じ立地条件であれば通常の賃貸マンションに比べると割高な設定にはなっているものの、耐久性と設備の良さが兼ね備えられていることが多く、長く快適に住むには費用対効果がよい物件が多いという特徴があります。

歴史的に見ると、日本の賃貸業界は貸手市場であった期間が長く、より密度の高い賃貸マンションが多く建てられてきました。そのため、設備もそれほど充実していないものが多く、長く住むには劣化が進むのが早い物件も多くあります。そういった状況もあって、将来は持ち家になりたいというマイホームブームが生まれました。 しかし、近年では一生を賃貸物件に住んで過ごすということを選ぶ人が現れてきています。そういう人たちが住める賃貸物件として分譲賃貸が広まってきています。分譲賃貸は、販売を目的として建てられた分譲マンションの一室を借りられることから、長く住むのに適した環境ができています。また、新築マンションにおいても分譲賃貸が実施されることも増えてきており、最新の設備をもった部屋を賃貸することもできるようになってきています。