Click here for menu

事前に調べる

リビングの窓辺

ペットと一緒に生活することができる賃貸物件がありますが、どのようなペットでも飼って良いと言うわけではありません。かなりの部屋の破損が予想されるペットとは一緒に生活をする事ができない場合もあります。犬や猫またはハムスターなどの一般的なペットであれば一緒に生活をする事は許されているのですが、危険な動物と一緒に生活をする事は禁止されている事が非常に多いので、賃貸を契約する際にはしっかりと確認する事が必要になります。不動産業者で契約する際にどのようなペットと生活をするのか確認される場合もありますが、全く確認をしてこない不動産業者もあります。確認されないとどのようなペットを飼っても良いと言うわけではありません。

賃貸では飼ってはいけないと決められているペットと一緒に生活をしている事がばれてしまった際には退去しなくてはならない場合もありますし注意を受ける事もあります。注意をされるくらいであれば大丈夫だと判断してしまう方もいますが、ペットを処分するわけにもいきません。その際には引っ越しをしなくならなくてはならないので、いずれにしても引っ越しをしなくてはならないので、良い点は全く無いと言う事になります。またペットを飼っても良い物件で必ずこのような決まりを設けている事が多いので、危険な事がありそうな場合には断られてしまう事が続いてしまう事も多いと思います。持ち家であれば自分が決めた事がルールになるので問題ありませんが、賃貸の場合には従わなければなりません。